トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

出願立体商標「ヤクルト容器」拒絶審決取消請求事件判決(知財高裁平成22年11月16日判決)

Last-modified: 2012-09-24 (月) 17:01:28 (2434d)
Top / 出願立体商標「ヤクルト容器」拒絶審決取消請求事件判決(知財高裁平成22年11月16日判決)

最近の旬な判例 最近の法務知財の旬な話題 FrontPage

事案

  • 株式会社ヤクルト本社が、ヤクルトの容器の立体商標につき、商標登録出願をしたところ、拒絶査定を受けた。ヤクルト本社は特許庁に対して不服の審判請求をしたが、特許庁は、ヤクルトの容器には「ヤクルト」「Yakult」の文字商標が入っていて立体的形状のみが独立して自他商品識別力を獲得したものとは認められない、として請求不成立の審判をした。そこで、ヤクルト本社は知財高裁に対して審判取消を求めて訴えを提起した。

判決

  • 「本件容器を使用した原告商品は・・・昭和43年に販売が開始されて以来,驚異的な販売実績と市場占有率とを有し,毎年巨額の宣伝広告費が費やされ,特に,本件容器の立体的形状を需要者に強く印象付ける広告方法が採られ,発売開始以来40年以上も容器の形状を変更することなく販売が継続され,その間,本件容器と類似の形状を有する数多くの乳酸菌飲料が市場に出回っているにもかかわらず,最近のアンケート調査においても,98%以上の需要者が本件容器を見て「ヤクルト」を想起すると回答している点等を総合勘案すれば,平成20年9月3日に出願された本願商標については,審決がなされた平成22年4月12日の時点では,本件容器の立体的形状は,需要者によって原告商品を他社商品との間で識別する指標として認識されていたというべきである。
  • そして,原告商品に使用されている本件容器には,前記のとおり,赤色若しくは青色の図柄や原告の著名な商標である「ヤクルト」の文字商標が大きく記載されているが,上記のとおり,平成20年及び同21年の各アンケート調査によれば,本件容器の立体的形状のみを提示された回答者のほとんどが原告商品「ヤクルト」を想起すると回答していること,容器に記載された商品名が明らかに異なるにもかかわらず,本件容器の立体的形状と酷似する商品を「ヤクルトのそっくりさん」と認識している需要者が存在していること等からすれば,本件容器の立体的形状は,本件容器に付された平面商標や図柄と同等あるいはそれ以上に需要者の目に付きやすく,需要者に強い印象を与えるものと認められるから,本件容器の立体的形状はそれ自体独立して自他商品識別力を獲得していると認めるのが相当である。」
    • ロゴや文字等が記載されていなくても、容器の形状だけで立体商標と認められたのは、コカ・コーラの瓶に次いで二例目。しかし、上記判決からすると、立体商標として認められるためには、極めて有名といえるような容器でなければならないことがうかがえる。