トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

偽造品の取引の防止に関する協定(ACTA)

Last-modified: 2012-10-24 (水) 15:44:03 (2523d)
Top / 偽造品の取引の防止に関する協定(ACTA)

最近の法務知財の旬な話題  FrontPage

概要

9月6日の衆議院本会議による承認を受け(参議院では先に承認済み)、ACTAの批准が進められる予定です。 同協定では、以下に関して規定されています。

  1. 知的財産権侵害に対する民事上・刑事上の措置
  2. 知的財産権を侵害する物品が国境を越えることを防止する措置(知的財産権侵害物品の輸出入の税関での取締について規定)
  3. インターネット上における著作権侵害防止措置
  4. 各国の税関等執行当局間の国際協力等に関して規定されています。
  • 新たな侵害手法への対応 従来は、模倣商標ラベルのみの輸入・製造・頒布は取り締まりの対象とはなっていませんでしたが、ACTAではラベルのみの輸入・製造・頒布が取り締まりの対象となります。
  • デジタル環境下の対応 違法なコピーやアクセス防止の暗号等を解除するソフトの製造、輸入、頒布、サービス提供を規制します。
  • 輸出取締りの強化 輸出品に対する痛感停止措置を義務化、権利者の申し立てが無くても税関当局の職権による通関停止が可能となります。
  • 民事上の執行強化 権利者からの請求に基づく司法当局による差止命令について、輸出侵害物品も対象となります。
  • 刑事上の執行強化 個人だけでなく法人の責任も追及し、また、ほう助、教唆罪についても責任を追及します。