トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2012-10-31 (水) 17:36:42 (2448d)
Top / な

FrontPage

  • ないぶせっけい【内部設計】
    • システム外部設計に基づいて、プログラムの具体的な処理手順の設計を指す。プログラムが担う機能やデータの入出力詳細設計など。
  • ないようしょうめい【内容証明】
    • 書留郵便の文書の内容を日本郵便が証明する国内限定のサービス。催告や警告などの通知を書留郵便で行った場合、相手方に郵便が届いたことは証明できても、その内容は証明できず、争いとなってしまう。これに対し、内容証明は文書と謄本に相違がないことを郵便局が確認し、謄本を郵便局と差出人が保存するため、受取人に特定の内容の文書を通知したことが証明できる。
  • 文書1通に対して、郵便局の保存用と差出人の保存用の謄本2通を郵便局に提出する。郵便局保存用の謄本の余白に証明料金に相当する切手を貼り、差出郵便局が消印する。この謄本を差出郵便局は5年間保存し、文書の内容を保証する。当然だが、文書の内容の真偽や正確性を証明するものではない。
  • 謄本はワープロ、コピーでもかまわない。文書の内容は日本語であること(英語は固有名詞のみ使用可能)で図面等は対象外である。数字は算用数字でも漢数字でも問わない。謄本が複数枚の場合は契印を押さなければならず、訂正がある場合は訂正印が必要である。
  • 書式によって、1枚あたりの字数・行数に制限がある。また、括弧で囲った数字は1文字とかうんとするが、○で囲んだ数字などは2文字または3文字とカウントするなど、独特の計算方法があるため注意が必要である。
区別字数・行数の制限
  縦書きの場合  1行20字以内、1枚26行以内
  横書きの場合  1行20字以内、1枚26行以内
1行13字以内、1枚40行以内
 1行26字以内、1枚20行以内 
  • これらをインターネットを通じて、Wordや一太郎の文書を専用ソフトでアップロードすると、新東京郵便局のシステムが正本と謄本を印刷し、それぞれ受取人と差出人に郵送するe内容証明というサービスもある。このサービスは一般的な書式なら文字数制限がなく、最大5枚までの内容証明を送達することができる。複数の受取人に同一の内容証明を一括差出しも可能である。